ボトックス注射で悩みを解消!美容整形を味方につけよう

サイトメニュー

色々な施術が受けられる

看護師

ボトックス注射の効果

年齢を重ねるとどうしてもできてしまう肌トラブルの一つにシワがあり、シワの原因は主に乾燥や紫外線が挙げられます。また、肌にハリがなくなることで表情じわもできやすくなるのですが、ボトックス注射で改善することが可能です。ボトックス注射を注入することで、筋肉の働きを弱めることができるためシワ解消にも繋げることができるでしょう。その他にも、ボトックス注射はシワ以外にも多汗症やワキガ治療にも効果的となっており、小顔になりたいという人もボトックス注射で小顔へと変化させていくことが可能です。また、美容整形はボトックス注射以外にも色々な施術が受けられるため、美容整形で悩みを解消していくと良いでしょう。

プロテーゼ

鼻を高くする美容整形手術の代表的な成形方法でもあるプロテーゼを活用した隆鼻術ですが、これはプロテーゼというシリコンの樹脂でできた人工の軟骨を鼻根部に挿入することによって鼻を高くするという整形方法です。この隆鼻術はその歴史も非常に古く、その安全性も極めて高い成形方法なのですが、極端な高さの調整を鼻先までの調整まで行ったりすると鼻の皮膚に負担がかかってしまい、将来的に大きな問題が起こると指摘されているのです。このような隆鼻術自体はそれほど難易度の高い手術ではありませんがこのプロテーゼの下処理およびプロテーゼを留置する際の剥離処理に適切な処理をしていなければ、数年後にトラブルを引き起こしてしまう可能性があるため、経験豊富な医師もしくは鼻の整形の名医と言われるような医師に整形手術をしてもらうことが大切なことになります。

ヒアルロン酸注射

鼻を高くしたいと考えたときにはまず初めに、ヒアルロン酸注射による隆鼻術からスタートすることを推奨します。いきなり整形手術の隆鼻術を受けるような方もいらっしゃいますが、そのようなことをすると、実際には自分が希望していた鼻のイメージと実際に仕上がった鼻のイメージとは違ってしまうようなことも少なくありません。そのような隆鼻術の整形のトラブルを防止するためにも、まずはヒアルロン酸注射によって鼻を高くするという方法も決して無駄な方法ではありません。なぜなら、ヒアルロン酸注射によって鼻を高くする場合にはかかる時間はほんの数分ですし、将来的な自分の理想的な隆鼻術のイメージを明確にする、といった意味でもヒアルロン酸注射で鼻を高くするということは意味があることでもあるのです。

ゴアテックス隆鼻術

ゴアテックスによる隆鼻術というものもあり、あまり聞いたことがない隆鼻術かもしれませんが、ゴアテックスとはそもそもどのような材料で、シリコンとは違うのでしょうか。このゴアテックスによる隆鼻術は実は非常に限られた美容外科クリニックでしか実施されていないのです。ゴアテックスを活用した隆鼻術もプロテーゼを活用した隆鼻術も基本的にその方法や整形手術の流れはほとんど同じです。まず初めに鼻全体に局所麻酔の注射をします。そして麻酔が効いてきたら鼻の穴を1センチ程度切開します。その次にゴアテックスを置く場所を作ります。この方法は基本的には骨膜の上にとめるようにするため、骨膜を果たすことによってゴアテックスを挿入するポケットを作ります。そしてポケットがしっかりと作ることができればゴアテックスを鼻の中に挿入をするのです。このゴアテックスという素材は非常に柔らかいためプロテーゼとは違って、その挿入は難しいようです。そうして挿入されたゴアテックスの位置や鼻の高さ、鼻の形状などを確認をして患者の希望通りであれば傷を縫合して隆鼻術は完了です。プロテーゼとゴアテックスの硬度を比較すると前述のようにゴアテックスの方が非常に柔らかいですが、それに引き換えプロテーゼの方が硬くしっかりとしています。元来鼻というものは鼻骨と軟骨によって形成されているのです。そのため本来は硬度が高いプロテーゼの方が鼻にはフィットしやすく自然な形になります。しかしこのプロテーゼという材料は皮膚が薄い人にとってはシリコンの輪郭が浮き出てきてしまいがちになるため、皮膚の薄い人はプロテーゼによる隆鼻術は向いていません。それに比べてゴアテックスの素材は非常に柔らかいため、たとえ皮膚が薄いような人であっても隆鼻術に使う人工物として不自然な輪郭が浮き出てしまうような心配は無いのです。また他にも鼻を眉間の近くまで高くしたいような人や眉間の部分まで含めて高さが必要であるような人にとってはプロテーゼのようなシリコンでは硬すぎるため、そのような人はプロテーゼを隆鼻術に使用することは避けられるのです。そのような場合も柔らかい材料であるゴアテックスを活用して鼻や眉間を高くする隆鼻術を実施します。